【実家三〜四日目】モヤ、カルチャーショックを受ける

  • 2011.01.02 Sunday
  • 15:17

この日もケイちゃんとモヤを会わせてあげよう、ということで、お昼ぐらい〜夜までずーっとご対面。
ケイちゃんは手乗りなので、久々に私も鳥と直に触れ合いたいと思い、ケイちゃんを放鳥することに。
出て早々羽ばたいて気持ちよさそうに飛び回るケイちゃん。
疲れたら人の手の上で一休み。
その様子を見ていたモヤは・・・

カルチャーショックの図。

すごいショックを受けていた様子でした。
ずっとペットショップにいたから、仲間が飛ぶところを見たことがなかったのかもしれません。
しかも、人の手の上に乗って、くつろいだ様子だし・・・。
目を見開いてびっくりして固まって、まさにカルチャーショック!って感じの様子でしたよ。

この後ケイちゃんをケージに戻したのですが、そしたらモヤが止まり木の上でバサバサと羽根を動かしていました
これはモヤがうちに来てから初めてのこと。
今まで羽根を伸ばしてノビをしたり、羽繕いしたり、ブルブルっとしたりはしても、そういえば羽根を広げてバサバサするところは見たことがなかったのです。
もしかして、やっぱり、飛ぶこと・自分は飛べるということを知らなかったのかな・・・?

外にも出てみたくなったのか、ケージのエサ入れのところのドア(?)をくちばしで一生懸命持ち上げようと必死に何度も試みていました

夜にはケイちゃんは元の場所に戻ってしまうので、モヤちゃんとお別れ。
そしたら寂しくなってしまったのか、ずーっと鳴きっぱなし。
でもいつもの寝る時間になったので、掃除をしておやすみ布をかけて、「モヤちゃんおやすみ〜」と電気を消したら・・・
「ビギャプギャピギャ」と今までに聞いたこともない鳴き声が
慌てて電気をつけてケージを覗いたら、なんともなかったんですが・・・
「お友達がまだ戻って来てないのに、暗くしらダメ!」って言いたかったんでしょうか??
その後もう一度、ケージを覗いて「モヤちゃんおやすみだよ。」と言ってから電気を消したら大丈夫でした

**********

次の日の3日はとうとう家に帰る日。
この日もケイちゃんに会わせてもらい、名残を惜しみながら帰路へとつきました。
ちなみに帰りは旦那氏に迎えに来てもらい、うちの車で帰ったのですが、車での移動にもすっかり慣れたのか、ケージに貼り付いて移動して隙間から顔を覗かせてみたり、シードをプチプチ食べたりとリラックスした様子でした。
帰ってから、ケイちゃんが居ない!って寂しがらないといいんだけど、どうでしょう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カウンタ

mini-counter

アクセス解析


ジオターゲティング

うたがめさん

育て止まり木(?)

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM